FX研究所

FX研究ブログ

iforex〔アイフォレックス〕で、両建てトレードで利益を出すことについて。

f:id:akihiro5:20190718115456p:plain
iforex口座での順張りトレードでも利益が出せない、逆張りトレードでも利益が出せない人は、iforex口座で両建てトレードを行えば、iforex口座でさくっと利益を出すことができるんじゃないのか?という思考になります.こういう思考になった人にこそ知ってほしいことは、iforexの両建てトレードは、ひとつのiforex口座で両建て取引をすることは,iforex口座の規約では禁止されていませんが、複数のiforex口座で両建てトレードすることは、iforex口座の規約で禁止されていますし、iforexとその他海外FX口座で両建てトレードをすることは、iforex口座の規約で禁止されていること。当たり前ですが、iforex以外のXMやGemForex口座でも、XMとその他海外FX口座での両建ては禁止事項ですし、GemForex口座とその他海外FX口座の両建ては禁止事項です。今回は、iforex〔アイフォレックス〕で、両建てトレードで利益を出すことについて。をテーマにして記事を書いていきます。

iforex口座で、両建てトレードで利益を出すことについて。

1.300PIPSの値動きが起きる為替相場の場合。

300PIPSの値動きが起きる為替相場時にiforex口座で両建てトレードをする場合、含み損を抱えているポジションの決済や含み益を抱えているポジションの決済どころを間違えると、一度の両建てトレードで、100PIPS級の損失を抱えることがあります。これを回避するには、iforex口座で、300PIPの含み益を抱えたポジションを決済した後、一時含み損が300PIPSになったポジションの含み損が250PIPSほどになったら決済することで、50PIPSの利益を得られる。

2.200PIPSの値動きが起きる為替相場の場合。

200PIPSの値動きが起きる為替相場時にiforex口座で両建てトレードをする場合、200PIPSの含み益を抱えたポジションを決済したあとに、一時含み損が200PIPSになったポジションの含み損が10PIPSまで減れば、190PIPSの利益を手にすることができます。このように、iforex口座での両建てトレードが上手くいくと最高なのですが、両建てトレードがうまくなければ、一撃で100PIPSを超える損失を出すことになります。

3.100PIPSの値動きが起こる為替相場の場合。

100PIPSの値動きが起こる為替相場時に、iforex口座で両建てトレードをすると、両建てトレードが一番上手くいったときで最大100PIPSの利益、両建てトレードがまったくうまくいかなったときに最大100PIPSの損失を出すことになりますから、最大損失を20PIPS~30PIPSしか出したくない人は、20PIPS~30PIPSの値動きしか起きない為替相場時にしか、iforex口座で両建てトレードをすることを徹底しよう。

4.20pips~50PIPSの値動きが起こる為替相場の場合。

20PIPS~50PIPSの値動きが起こる為替相場時に、iforex口座で両建てトレードをすると、両建てトレードが上手くいったときに最大50PIPSの利益、最小10PIPSの利益を得ることができますし、両建てトレードが上手くいかなくても、最大損失50PIPSに抑えることができます。このことからわかることは、為替相場での値動きが期待できない場合は、両建てトレードでの利益額も小さくなるし、両建てトレードでの損失額も小さくなります。

5.両建てトレードをしないのも大事。

明らかにドル円が上昇することがわかっているのに、iforex口座で両建てトレードをすることは自分のトレード利益を減らすという愚かなことであるのだから、明らかにドル円が上昇することがわかっているときは、iforex口座でドル円買いのポジションを持つというのが正解。また、明らかにドル円が下落することがわかっているのに、iforex口座で両建てトレードをすることは、iforexでのFXトレード利益を減らす愚かなことであるのだから、明らかにドル円が下落することがわかっているときは、iforex口座でドル円売りのポジションを持つというのが正解。

iforex〔アイフォレックス〕は、同一名義での複数のiforex口座を所持することを禁止している。

iforex〔アイフォレックス〕は、同一名義での複数のiforex口座を所持することを禁止されていますから、同一名義の複数のiforex口座で両建てトレードをすることをしたりすると、iforex口座が凍結されたり、iforex口座で出金拒否が起きます。また、iforex〔アイフォレックス〕口座で、自分の名義のiforex口座と家族のiforex口座間での両建てトレードをすることも、iforex口座の規約で禁止事項となっています。これらのことを知っている人の多くは、ひとつのiforex口座間での両建てトレードをすることしかできないということにきづけます。

iforex〔アイフォレックス〕口座で両建てトレードをするメリットはある。

iforex〔アイフォレックス〕口座で両建てトレードするメリットは、iforex口座で両建てトレードを実行して、iforex口座でユーロ円ロングとiforex口座でユーロ円ショートのポジションを所持している限りは、自分のiforex口座の損失は、ユーロ円ロングのポジションを取るのときに支払ったスプレッドと、ユーロ円ショートのポジションを取るときに支払ったスプレッド分で済むこと。

1.XM〔エックスエム〕

XM〔エックスエム〕は、XM口座開設者全員にXM口座開設ボーナス3000円をプレゼントしている海外FX口座で、iforex口座よりも高いレバレッジ888倍を使うことができます。また、XMには、100パーセント入金ボーナスやXMポイントなどの特典があります。

2.GEMFOREX

GemForex〔ゲムフォレックス〕は、GemForex口座開設ボーナス20000円プレゼントキャンペーンを開催している海外FX口座で、iforex口座よりも高いレバレッジ1000倍を扱うことができます。また、GemForexには、100㌫入金ボーナスの特典があります。

iforex〔アイフォレックス〕口座で両建てトレードをするデメリットはある。

iforex〔アイフォレックス〕口座で両建てトレードをするデメリットは、iforexのスプレッドを二回も支払うことになることや、両建て取引は損失を出す可能性が高いことや、両建て取引では爆益を狙うことができないことなどがあります。

iforexのスプレッドを二回も支払うことになること。

iforex口座で両建てをすると、ドル円ロングのポジションを取るときにドル円のスプレッドを支払い、ドル円ショートのポジションを取るときにもドル円のスプレッドをスプレッドを支払うことに、二回分のスプレッド分の損失を背負うことになる。これを凄まじいデメリットを感じるならば、iforex口座での両建てトレードはやめるべきだし、別にメリットしか感じないのであれば、iforex口座で両建てトレードはするべきではありません。

両建て取引は損失を出す可能性が高い。

利益が出ることを確信したときにのみ、iforex口座で通貨ペアのポジションをとれば、9割以上の確率で通貨ペアのポジションに10PIPS以上の含み益が乗りますが、利益がでるかわからないときでの両建て取引では、少しでも通貨ペアの利益確定と損切り判断を間違うと、損失を出すことになってしまいます。これらのことを知った人の多くは、両建て取引をすることをやめて、iforex口座で利益が出ることを確信したときにのみ、通貨ペア取引をしています。

両建て取引で爆益を狙うことはできない。

iforex口座内での両建て取引では、一つの通貨ペアポジションのロット数が少なめになるし、一つの通貨ペアポジションの獲得PIPS数が少なくなるので、iforex口座内での両建て取引で爆益を狙うことはできない。また、iforex口座内でフルレバで両建て取引をすると一度のミスで、iforex退場を余儀なくされる損失を出すことに。