FX研究所

FX研究ブログ

FXでのスキャルピングpips数について。

FX初心者は、なんとなくスキャルピングの利益確定pipsを決めるし、なんとなくスキャルピングの損失確定pipsを決めるため、自然と損小利大のスキャルピング取引になりやすい。この状態から抜け出すには、FX初心者が、FXトレード前にスキャルピングの利益確定pipsを決めて、FXトレード前にスキャルピングの損失確定pipsを決めておけばよいだけ。また、FX取引が上手い人になってくると、その場の相場環境に応じて、スキャルピングの利益確定pipsを決めるようになるし、その場の相場環境に応じて、スキャルピングの損失確定pipsを決めるようになる。今回は、FXでのスキャルピングpips数について。をテーマに記事を書いていきます。

FXでのスキャルピングpipsを決定することについて。

1.0.1PIPS~0.9PIPSの値幅をとりにいくスタイル。

XMゼロ口座やgemforexのノースプレッド口座でのスキャルピング取引を行い、0.1PIPS~0.9PIPSの値幅をとりにいくスタイルをすることは、小さな利益しか得られないメリットしかないのに大きな損失を出すリスクを背負うことになり、損失が大きく、利益が小さいFX取引になりがちです。だから、FX取引で損失を出すことなく、大きな利益を求めている人は、0.1PIPS~0.9PIPSの値幅をとりにいくスタイルをやめて、50PIPS~60PIPSの値幅をとりにいくスタイルをとろう。

これだけはいっておきたいのは、0.1PIPS~0.9PIPSの値幅しか取れない経済指標に参加するときは、0.1PIPS~0.9PIPSの値幅で利益確定をするようにしないと、プラスでの利益確定のチャンスを逃して、20PIPS~30PIPSの損切りをするという結末を辿ることになります。

2.1PIPS~2PIPSの値幅をとりにいくスタイル。

一日のドル円相場の値幅が20PIPSしか期待できない相場で、1PIPS~2PIPSの値幅でスキャルピング取引をすれば、何度も1pips~2pipsの利益確定を成功させることができ、一日に30PIPS~40PIPSをゲットすることだって可能になってきます。逆に、一日のドル円相場の値幅が100PIPS期待できる相場で、1~2PIPSの値幅でスキャルピング取引をすると、一日に3回程度1PIPS~2PIPSの利益確定を成功させるものの、一度の70PIPSの損切りで、一日のFXトレード成績が-60PIPSとなってしまいます。これらのことからわかることは、1PIPS~2PIPSの値幅をとりにいくスタイルは、20PIPS~30PIPSの値幅のレンジ相場でしか通用しない。

3.3PIPS~10PIPSの値幅をとりにいくスタイル。

3PIPS~10PIPSの値幅を期待することができる経済指標で、利益確定を10PIPS、損切りを10PIPS、勝率を9割にすることができれば、自分のスキャルピング取引のトレード収支を大きくプラスにもっていけます。逆に、3PIPS~10PIPSしか期待することができない経済指標で、利益確定10PIPS,損切りをしないということをしてしまうと、自分のスキャルピングのトレード収支が大きくマイナスになります。これらの二つのことを知った人は、きちんと損切りラインで損切りするようになるし、自分に勝機があるところでしか通貨ペアのポジションをとらなくなります。

4. 20PIPS~50PIPSの値幅をとりにいくスタイル。

20PIPS~50PIPSの値幅が期待できる経済指標にのみ参加して、利益確定ラインは30PIPS以上、損切りラインは10PIPS、勝率を8割にすることができれば、自分で上出来だとほめることができるくらいのpips数を獲得することができます。逆に、20PIPS~50PIPSの値幅が期待できる経済指標にのみ参加して、30PIPS以上、損切りをしないことをしてしまうと、自分のFX口座残高が大幅に0になります。これらの二つのことを知った人は、FX取引おける損切りの重要さと勝率の重要さを再確認するようになります。

FXでのスキャルピングpips数を相場環境によって決める。

相場環境に応じて、スキャルピング利益確定pipsを変化させる人は、5PIPSしか値動きが期待できない為替相場では、スキャルピングの利益確定pipsを5PIPS、スキャルピングの損切り確定pipsを5PIPSに設定しているし、10PIPSしか値動きが期待できない為替相場では、スキャルピングの利益確定pipsを10PIPS,スキャルピングの損切り確定pipsを10PIPSに設定していますし、20PIPSしか値動きが期待できない為替相場では、スキャルピングの利益確定pipsを20PIPSに設定していますし、スキャルピング損失確定pipsを20PIPSに設定しています。ただね、人間は、万能な存在ではないので、確実にこの為替相場はたった5PIPSしか動くということを見事的中させることはできないので、 FXでのスキャルピングpips数を相場環境によって決めたことが悪い方向に働くことだってあります。

スキャルピング取引に適した海外FX口座とは?

1.XM〔エックスエム〕

XMゼロ口座は、日本のFX口座並みの低スプレッドを提供している海外FX口座なので、スキャルピングをメインにしている人はXMゼロ口座を使っています。しかも、XMゼロ口座を開設すると、XM口座開設ボーナス3000円がもらえちゃいます。そして、XMゼロ口座は、追証なしゼロカットありです。

2.GEMFOREX

GemForexのノースプレッド口座は、日本のFX口座並みの低スプレッドを提供している海外FX口座なので、経済指標スキャルピングをメインにしている人は、GemForexノースプレッド口座を利用しています。また、GemForex口座を初回開設するとGemForex2万円口座開設ボーナスがもらえるキャンペーンを開催しています。