FX研究所

FX研究ブログ

titanFX〔タイタンFX〕の安全性について。

titanfx〔タイタンFX〕口座が凍結された噂や、titanFX〔タイタンFX〕口座で出金拒否されたり、突然titanFX口座の残高が0円になったという事例は発生していませんので、titanFX口座〔タイタンFX〕は安全性に優れた海外FX口座といえるでしょう。しかも、titanFX 〔タイタンFX〕は超低スプレッドを提供している海外FX口座なので、スプレッドが原因で10PIPS以上の損失をだしてしまったという事態がおきることはありません。そして、titanFX口座〔タイタンFX〕口座は追証なしゼロカットシステムが搭載されているので、追証で何十万円規模のお金を失うことがありません。今回は、titanFX〔タイタンFX〕の安全性について。をテーマにして記事を書いていきます。

titanFX〔タイタンFX〕の安全性が高い理由。

titanFX〔タイタンFX〕の安全性が高い理由は、titanFX〔タイタンFX〕の公式サイトはSSL化されていることや、超低スプレッドでのFX取引ができることや、最大レバレッジ500倍を扱うことができることや、追証ゼロカットシステムがあることや、ストップとリミット機能があることや、titanFX口座は約定力に優れた海外FX口座であることや、スプレッドが固定されていることなどがあります。

titanFX〔タイタンFX〕の公式サイトはSSL化されている。

titanFX〔タイタンFX〕の公式サイトはSSL化されているため、titanFXからtitanFX口座利用者のメールアドレスやパスワードが流出することがないので、titanFX口座では、第三者による自分のtitanFX口座の不正ログインがおこることはありません。また、公式サイトがSSL化されていない海外FX口座では、メールアドレスやパスワードの流出が起こることがあるので、SSL化されていない海外FX口座は使わないようにしましょう。

超低スプレッドでのFX取引ができること。

titain〔タイタンFX〕は、超低スプレッドでのFX取引をすることができるため、スプレッドが広すぎて、スキャルピングで利益を出すことができないという問題を抱えることがありません。それに比べて、スプレッドが広い海外FX口座では、10PIPSを超えるスプレッドでのFX取引をよぎなくされるため、スプレッドが広すぎて、スキャルピングで利益が出せないという問題に直面します。これらのことからわかることは、経済指標スキャルピングやレンジ相場スキャルピングをしている人は、超低す。

titain〔タイタンFX〕口座以外で超低スプレッドでのFX取引をすることが可能とされているのは、GemForexのノースプレッド口座とXMゼロ口座のふたつのみとなっています。

1.XM〔エックスエム〕

XMゼロ口座は、超低スプレッド環境でのレバレッジ500倍を活用したスキャルピング取引を行えるので、スキャルピングを得意とする人がXMゼロ口座を使っています。また、XMゼロ口座を開設すると、XM口座開設ボーナス3000円がもらえます。

2.GEMFOREX

GemForex口座は、超低スプレッド環境でのレバレッジ1000倍を活用したハイレバスキャルピング取引を行えることが魅力なので、ハイレバスキャルピングへの挑戦を望む人がGemForex口座を使っています。また、GemForex口座を開設すると、GemForex口座開設ボーナス2万円がもらえます。

最大レバレッジ500倍を扱うことができること。

titain〔タイタンFX〕は、最大レバレッジ500倍を扱えば、小額資金で数千万円の利益を狙えるというメリットを抱えつつ、小額資金を失うデメリットを抱えるという環境下でFX取引をすることができます。これに関して言えるのは、あまりリスクを背負いたくないけど、大きなリターンを得たい人は、2万円入金済みのtitanFX口座でFX取引をするようにしています。

上記のこと以外にも、titain〔タイタンFX〕では、レバレッジ500倍のFX取引を何度か成功させることで得た利益全額を、titain〔タイタンFX〕口座から出金することができるので、titanFX口座でお金を儲けすぎたから出金できないかもしれないという悩みを持つこと自体が不毛なことといえるでしょう。

追証ゼロカットシステムがあること。

追証ゼロカットシステムがないことが当たり前の国内FX口座でFX取引中に、自分が想定しない最悪の事態が起きてしまうと、自分の国内FX口座残高が0になるだけではすまず、100万円を超える追証金が発生します。これを回避するには、追証なしゼロカットシステムがある海外FX口座のtitanfx〔タイタンFX〕で、自分が想定しない600PIPS~1000PIPSのポンド円の変動が起きても、自分のポンド円ポジションがゼロカットされて、自分の海外FX口座のtitanfx〔タイタンFX〕残高が0円になるだけですみます。

上記のこと以外にも、 追証ゼロカットシステムがあるtitanfx〔タイタンFX〕口座でFX取引をすると、最大損失額はタイタンFX入金額までに抑えることができるから、ハイレバトレードの失敗を恐れる必要がないというポジティブな思考をもつことができますし、常に心に余裕がある状態を保つことができます。

ストップとリミット機能があること。

ストップ機能があるtitanfx〔タイタンFX〕口座で、ドル円のポジション保有後、ストップで、ドル円の損切りレートを決めておけば、ドル円取引の損失額を限定することができます。また、リミット機能があるtitanfx〔タイタンFX〕口座で、ドル円のポジション保有跡、リミットでドル円の利益確定レートを決めておけば、99パーセントの確率で利益を手にするが可能です。

ストップ機能を使わないFXトレーダーは、損切りができないことが理由で、為替相場から退場していくことになりますから、退場の確率を下げたい人は、titanFX〔タイタンFX〕のFX取引時にストップ機能を使うようにしましょう。また、リミット機能を使っているFXトレーダーは、FX取引の画面をずっとみていなくても、リミットを設定したことで、自動的に自分の通貨ペアポジションを決済することができるので、FX取引をする時間を減らしたい人は、リミット機能を使おう。

titanFX口座は約定力に優れた海外FX口座であること。

約定力に優れた海外FX口座のtitanFX〔タイタンFX〕は、約定力に優れた海外FX口座ですので、ユーロ円のポジションが約定しないという理由で、ユーロ円取引で損失をだすことはありませんが、約定力で評判が悪い日本のFX口座は、なかなかユーロ円のポジションが約定しないという理由で、ユーロ円取引で損失を出すことがあります。

スプレッドが固定されていること。

スプレッドが固定された海外FX口座のtitanFX〔タイタンFX〕は、超極狭スプレッドで固定されている海外FX口座なので、スプレッドが30PIPS~70PIPSに広がったときにドル円のポジションを保有したいう理由で、ドル円取引で損失を出すことはありません。これがあるから、スプレッドが固定されたtitanFX〔タイタンFX〕をメイン口座に使っているよーという人は一定数います。

関連記事
www.mrtv4.tv
www.mrtv4.tv
www.mrtv4.tv

XM両建ては禁止なのか?バレることはある?

f:id:akihiro5:20190722095227p:plain
追証ありゼロカットなしの日本国内のFX口座は、追証なしゼロカットシステムを利用した両建てトレードで利益を出すということ自体ができませんから、追証ありゼロカットなしの日本国内のFX口座では両建てが禁止されていませんし、日本国内のFX口座で両建てトレードをすることの甘み自体があまりありません。それに比べて、追証なしゼロカットありの海外FX口座XMでは、追証なしゼロカットシステムを利用した両建てトレード必勝法で1億円、2億円の利益を出すことができますから、追証なしゼロカットありの海外FX口座XMでは、複数口座での両建てトレードが禁止されています。これらのことからわかることは、日本のFX口座は両建てにゆるいが、海外FX口座のXMは両建てトレードに厳しいということ。今回は、XM両建ては禁止なのか?バレることはある?をテーマに記事を書いていきたい。

XM両建ては禁止なのか?

自分名義の単一のXM口座での両建てトレードをして利益を出すことや、損失を出すことは、XM口座の規約で禁止されていませんが、他人の名義のXM口座と自分
名義のXM口座での両建てトレードで利益を出すことや損失を出すことは、XM口座の規約で禁止されていますし、二つ以上の自分名義のXM口座で両建てトレードで利益を出すことや損失を出すことは、XM口座の規約で禁止されていますし、XMとGemForexなどの海外FX口座での両建てトレードをすることはXM口座の規約で禁止されています。これらのことを常に頭に入れておいて、一つの自分の名義のXM口座で両建てトレードをしておけば、XM口座が凍結されたり、XM口座で出金拒否がおこることはありません。

1.自分名義の単一のXM口座での両建てトレードをして利益を出すことや、損失を出すことは、XM口座の規約で禁止されていません.

自分名義の単一のXM口座の両建てトレードで100万円を超える利益をだしても、XM口座が凍結されることはありませんし、自分名義の単一のXM口座の両建てトレードで100万円を超える損失をだしても、XM口座が凍結されることはありません。僕個人の意見ですが、一つのXM口座で両建てトレードをして神経をすり減らすくらいなら、XM口座で順張りトレードをしたり、逆張りトレードをしたほうが効率がいいんじゃないの?と思うわけです。

また、他人名義の単一のXM口座での両建てトレードをして利益を出すことはXM口座の規約で禁止されていますし、他人名義の単一のXM口座での両建てトレードで損失を出すこともXM口座の規約で禁止されています。その理由は、XM口座が規約で、他人のXM口座でFX取引をすることを禁止にしているからです。

他人の名義のXM口座と自分名義のXM口座での両建てトレードで利益を出すことや損失を出すことは、XM口座の規約で禁止。

他人の名義のXM口座と自分名義のXM口座での両建てトレードで100万円~2000万円の利益をだす行為は、XM口座の規約で禁止されていますし、他人の名義のXM口座と自分名義のXM口座での両建てトレードで100万円~2000万円の損失を出す行為もXM口座の規約で禁止されています。もし、XM口座の規約を破るようなことをすると、XM口座が凍結されたり、XM口座で出金拒否が起こります。

二つ以上の自分名義のXM口座で両建てトレードで利益を出すことや損失を出すことは、XM口座の規約で禁止。

二つ以上のXMスタンダード口座で両建てトレードをすることで10万円~30万円の利益を出す行為は、XM口座の規約で禁止にされていますし、二つ以上のXMスタンダード口座で両建てトレードをすることで10万円~30万円の損失を出す行為は、XM口座の規約で禁止にされています。このことを知らずに、二つ以上のXMスタンダード口座で両建てトレードをしてしまっている人はいます。

XMとGemForexなどの海外FX口座での両建てトレードをすることは禁止。

XM口座とGemForexなどの海外FX口座〔iforex、hotforex,titanfx,landfx,fxcc〕での両建てトレードで500万円の利益を出す行為は、XM口座の規約で禁止されていますし、XM口座とGemForexなどの海外FX口座〔iforex、hotforex,titanfx,landfx,fxcc〕での両建てトレードでで500万円の損失を出す行為は、XM口座の規約で禁止されています。このことを常に頭にいれておけば、XMで禁止されている両建てトレードを行うという暴挙を起こさずに済みます。

公式サイト
XM〔エックスエム〕

XMは、最大レバレッジ888倍を扱える海外FX口座なので、レバレッジ888倍のFX取引を体験したい人がXM口座を使っています。このXM口座を初回開設した人限定で、XM口座開設ボーナス3千円をもらうことができます。また、XMには、XM100%入金ボーナスやXM取引量ボーナスなどの特典もあります。

iforex〔アイフォレックス〕の1万円チャレンジ。

f:id:akihiro5:20190718115456p:plain
日本国内FX口座では、1万円あっても、通貨ペアのポジションが0.3ロットほどしかポジることしかできないため、1万円しかない人が日本のFX口座で一日1万円以上稼ぐことはできません。それに比べて、海外FX口座のiforex〔アイフォレックス〕では、1万円あれば、通貨ペアのポジションを4枚ポジることができるので、1万円しかない人でも日本のFX口座で一日4万円のお金を得ることができます。これらのことからわかることは、趣味でFX取引ができればいいよーという人は、一万円で日本のFX口座で、通貨ペア取引をするべきだし、FX取引で生計をたてるだけの利益を出したい人は、1万円で海外FX口座で通貨ペア取引をするべきなのである。

iforexの1万円チャレンジを成功させるには?

iforexの1万円チャレンジを成功させるには、ハイレバレッジを扱ったFX取引では確実に勝つようにして、低レバレッジでのFX取引での勝率は8割をキープするようにすることを実行するだけでよい。これができる人は、iforex口座1万円を何度も100万円に増やすことができていますね。

1.XM〔エックスエム〕

iforex1万円チャレンジに挑戦する人は、XM口座を開設して、XM口座開設ボーナス3000円をゲットしておいたほうがいい。また、XMには、100%入金ボーナス、XMポイントなどの特典があります。

2.GEMFOREX

iforex1万円チャレンジに挑戦する人は、GemForex口座を開設して、GemForex口座開設ボーナス20000円をゲットしておいたほうがいい。また、GemForexは、100%入金ボーナスや、レバレッジ1000倍を扱えるなどの特典があります。

iforex〔アイフォレックス〕の1万円チャレンジをする上で守らないといけないこと。

iforex〔アイフォレックス〕の1万円チャレンジをする上で守らないといけないことは、いくらお金を儲けるという目標を持たずに為替相場で生き残ることだけを考えること。&iforex口座で通貨ペアのポジションを取った直後に、損切り注文を入れておくこと。&iforex口座で通貨ペアのポジションを取った直後に、利益確定注文を入れること。&年末年始にFX取引をしないこと。&逆張りトレードをせずに、順張りトレードで挑むこと。&iforex口座に再入金をしない。などがあります。

いくらお金を儲けるという目標を持たずに為替相場で生き残ることだけを考えること。

いくらお金を儲けるということばかり考えていると、ついついiforex口座での通貨ペア取引時のロット数が大きくなっていくし、ロット数が大きい通貨ペアポジションを損切りすることもできなくなります。これを回避するには、iforex口座での通貨ペア取引時には、iforex口座のトレード資金の大半を維持することを最重要事項にするようにすればいいだけです。

iforex口座で通貨ペアのポジションを取った直後に、損切り注文を入れておくこと。

iforex口座で通貨ペアのポジションを取った直後に、損切り注文を入れることを習慣化しておけば、すべてのiforex口座におけるFXトレードでの損失額を小さくすることができるし、iforexから一撃退場してしまうような大きな損失を出すことはありません。これができない人は、iforex口座におけるFXトレードで、600PIPS級の損失を出してしまい、iforexから一撃退場をする結末をたどります。

iforex口座で通貨ペアのポジションを取った直後に、利益確定注文を入れること。

iforex口座で通貨ペアポジションを取った直後に、利益確定注文を入れることを習慣化しておれば、通貨ペアの動きの方向性を的中させたトレードで利益を確実に出すことができます。これができない人は、勝てていたFXトレードだったのに、利益確定を渋ったせいで、FX取引で20PIPS~30PIPSの損失をだしてしまったという結末を辿ることに。

年末年始にFX取引をしないこと。

年末年始は、ヘッジファンドの仕掛けによる10円規模の通貨ペア変動があるので、10円規模の通貨ペア変動に巻き込まれたくない人は、年末年始に通貨ペア取引をするべきではないです。逆に、年末念主のヘッジファンドの仕掛けで1000PIPS規模の利益をだしてやるぞという大志をもっているのであれば、年末年始に通貨ペア取引をするべきですね。

iforex口座に再入金をしない。

自分の通貨ペアポジションがゼロカットされそうだからという理由で、1万入金済みのiforex口座に10万円入金すると、iforexの最大損失額が11万円に跳ね上がってしまいます。こういうことをせずに、1万円入金済みのiforex口座に、一円も入金しないというスタイルをとっている人のiforexの最大損失額は1万円です。

iforexの出金拒否について。

f:id:akihiro5:20190718115456p:plain
低スプレッドを提供している日本のFX口座で、秒スキャルピングや一分スキャルピングで利益を積み上げすぎると、日本のFX口座が凍結され、出金拒否がおきるということはありますが、iforex口座では、スキャルピング取引で利益を積み上げすぎた結果、iforex口座が凍結されたという事例はないので、iforex口座利用者がiforex口座凍結やiforex口座出金拒否におびえる必要はありません。また、iforex口座でのデイトレードで1億円以上の利益、iforex口座のスイングトレードで5億円以上の利益をだしても、iforex口座が凍結されることはありません。

iforex口座以外のXM口座でもスキャルピング取引での爆益が理由でXM口座で出金拒否が起きたという事例はありませんし、iforex口座以外のGemForex口座でもスキャルピング取引での爆益が理由でGemForex口座で出金拒否が起きたということもありません。

1.XM〔エックスエム〕


XMは最大レバレッジ888倍に対応している海外FX口座なので、最大レバレッジ888倍を使うかもしれない人がXM口座を使っています。また、XMを初回口座開設した全員がXM口座開設ボーナス3000円がもらえますし、XM100%入金ボーナスがもらえます。

2.GEMFOREX

GemForexは、最大レバレッジ1000倍に対応している海外FX口座なので、最大レバレッジ1000倍を使うかもしれあに人がGemForex口座を使っています。また、GemForexは、GemForex2万円口座開設ボーナスがもらえますし、GemForex100%入金ボーナスがもらえます。

iforexでの両建て取引の規約を破ると、iforex口座で出金拒否が起きる。

二つの自分名義のiforex口座での両建てトレードで利益を上げるというiforexの公式規約で禁止されていますので、iforex口座での出金拒否を避けたい人は、iforex口座の公式規約を守ろう。また、自分の家族の名義のiforex口座と、自分名義のiforex口座での両建てトレードで利益を出すというのもiforexの公式規約で禁止されていますので、iforex口座での出金拒否を避けたい人は、iforex口座の規約を絶対に破ってはいけない。

iforexの出金拒否の勘違いパターン。〔本人確認書類編〕

iforexの出金に必要な書類である本人確認書類〔運転免許証明書、住民基本カード、パスポート〕、住所確認書類〔銀行からの公式書類、携帯電話の請求書、住民票〕、iforex入金に使ったクレジットカードの画像〔表面と裏面〕の提出をしないと、iforex口座の資金を自分の銀行口座に出金することができません。この事実をしらなず、iforexの出金書類をまったく提出していない人が、iforexに出金依頼をかけたのにiforexの出金が完了しないんだけどという不平不満を述べています。

これだけはいっておきたいのは、iforexに本人確認書類と住所確認書類とクレジットカードの画像のすべての提出をすませ、いつでもiforex口座からトレード資金の出金ができるんだという安心感をもった状態でiforex口座でのFX取引をしたほうが好成績を出しやすいですので、iforexで大きな成功をつかみたいと思っている人は、iforexに本人確認書類と住所確認書類とクレジットカードの画像のすべての提出をすませてから、iforex口座でFX取引やCFD取引をするようにしましょう。

iforexの出金拒否の勘違いパターン。〔出金依頼書編〕

iforexの出金に必要とされる書類をすべて提出した人でも、iforex口座の出金をするたびに出金依頼書を発行しなければ、iforex口座の出金を完了させることはできませんから、iforexの出金を完了させたければ、iforexの出金に必要とされる書類をすべて提出した人が、iforex口座の出金をするたびに、iforexに出金依頼書を提出するようにすればいいだけ。

iforexの出金依頼書の面倒なところは、プリンター未所持の人はiforexの出金依頼書の画像ファイルをPDFファイルに変換して、PDFファイルに変換したiforex出金依頼書をコンビニのコピー機で紙にプリントアウトしなければいけないことや、プリントアウトした出金依頼書に、手書きで自分の名前の署名をしなければいけないことや、自分の手書き名前の署名がある出金依頼書の画像をiforexの運営に提出しなけれないことなどがあります。これらすべてのことが面倒くさいと感じてしまう人は、出金依頼書の提出がない海外FX口座を使おう。

iforexの出金拒否の勘違いパターン。〔トレーディングチケット編〕

iforex口座で、iforex口座を有効化したのに、トレーディングチケットを出金することができないと泣き叫んでいる人がいるみたいですが、そもそも、iforex口座のトレーディングチケットは、トレード資金代わりに使うことはできても、iforex口座からトレーディングチケットを出金することはできません。また、iforex100%トレーディングチケットプレゼントキャンペーン中に、iforex口座に5万円を入金すると5万円分のトレーディングチケットをもらうことができますが、iforex10%トレーディングチケットプレゼントキャンペーン中にiforex口座に5万円入金すると5000円分のトレーディングチケットをもらうことができます。

iforexの出金拒否の勘違いパターン。〔ペンディングボーナス編〕

iforex口座で50万円分のペンディングボーナスをもらったけど、iforex口座からペンディングボーナスが出金することができないと叫んでいるiforex口座利用者もいるみたいですが、そもそもiforexのペンディングボーナスは取引量に応じた現金をもらう権利であって、iforex口座入金済みの現金ではないので、iforex口座から、iforexのペンディングボーナスを出金することはできない。

iforexの出金拒否の勘違いパターン。〔ロスカット、ゼロカット編。〕

iforex口座でロスカットされて消え去った資金と、iforex口座でゼロカットされて消え去った資金を、自分の銀行口座に出金することができないと叫んでいる人もいますが、一度iforex口座でのFX取引やCFD取引で消え去ってしまった資金を復活させることはできません。また、iforex口座のFX取引とCFD取引で得た利益は、iforex口座から出金することができます。

iforex〔アイフォレックス〕で、両建てトレードで利益を出すことについて。

f:id:akihiro5:20190718115456p:plain
iforex口座での順張りトレードでも利益が出せない、逆張りトレードでも利益が出せない人は、iforex口座で両建てトレードを行えば、iforex口座でさくっと利益を出すことができるんじゃないのか?という思考になります.こういう思考になった人にこそ知ってほしいことは、iforexの両建てトレードは、ひとつのiforex口座で両建て取引をすることは,iforex口座の規約では禁止されていませんが、複数のiforex口座で両建てトレードすることは、iforex口座の規約で禁止されていますし、iforexとその他海外FX口座で両建てトレードをすることは、iforex口座の規約で禁止されていること。当たり前ですが、iforex以外のXMやGemForex口座でも、XMとその他海外FX口座での両建ては禁止事項ですし、GemForex口座とその他海外FX口座の両建ては禁止事項です。今回は、iforex〔アイフォレックス〕で、両建てトレードで利益を出すことについて。をテーマにして記事を書いていきます。

iforex口座で、両建てトレードで利益を出すことについて。

1.300PIPSの値動きが起きる為替相場の場合。

300PIPSの値動きが起きる為替相場時にiforex口座で両建てトレードをする場合、含み損を抱えているポジションの決済や含み益を抱えているポジションの決済どころを間違えると、一度の両建てトレードで、100PIPS級の損失を抱えることがあります。これを回避するには、iforex口座で、300PIPの含み益を抱えたポジションを決済した後、一時含み損が300PIPSになったポジションの含み損が250PIPSほどになったら決済することで、50PIPSの利益を得られる。

2.200PIPSの値動きが起きる為替相場の場合。

200PIPSの値動きが起きる為替相場時にiforex口座で両建てトレードをする場合、200PIPSの含み益を抱えたポジションを決済したあとに、一時含み損が200PIPSになったポジションの含み損が10PIPSまで減れば、190PIPSの利益を手にすることができます。このように、iforex口座での両建てトレードが上手くいくと最高なのですが、両建てトレードがうまくなければ、一撃で100PIPSを超える損失を出すことになります。

3.100PIPSの値動きが起こる為替相場の場合。

100PIPSの値動きが起こる為替相場時に、iforex口座で両建てトレードをすると、両建てトレードが一番上手くいったときで最大100PIPSの利益、両建てトレードがまったくうまくいかなったときに最大100PIPSの損失を出すことになりますから、最大損失を20PIPS~30PIPSしか出したくない人は、20PIPS~30PIPSの値動きしか起きない為替相場時にしか、iforex口座で両建てトレードをすることを徹底しよう。

4.20pips~50PIPSの値動きが起こる為替相場の場合。

20PIPS~50PIPSの値動きが起こる為替相場時に、iforex口座で両建てトレードをすると、両建てトレードが上手くいったときに最大50PIPSの利益、最小10PIPSの利益を得ることができますし、両建てトレードが上手くいかなくても、最大損失50PIPSに抑えることができます。このことからわかることは、為替相場での値動きが期待できない場合は、両建てトレードでの利益額も小さくなるし、両建てトレードでの損失額も小さくなります。

5.両建てトレードをしないのも大事。

明らかにドル円が上昇することがわかっているのに、iforex口座で両建てトレードをすることは自分のトレード利益を減らすという愚かなことであるのだから、明らかにドル円が上昇することがわかっているときは、iforex口座でドル円買いのポジションを持つというのが正解。また、明らかにドル円が下落することがわかっているのに、iforex口座で両建てトレードをすることは、iforexでのFXトレード利益を減らす愚かなことであるのだから、明らかにドル円が下落することがわかっているときは、iforex口座でドル円売りのポジションを持つというのが正解。

iforex〔アイフォレックス〕は、同一名義での複数のiforex口座を所持することを禁止している。

iforex〔アイフォレックス〕は、同一名義での複数のiforex口座を所持することを禁止されていますから、同一名義の複数のiforex口座で両建てトレードをすることをしたりすると、iforex口座が凍結されたり、iforex口座で出金拒否が起きます。また、iforex〔アイフォレックス〕口座で、自分の名義のiforex口座と家族のiforex口座間での両建てトレードをすることも、iforex口座の規約で禁止事項となっています。これらのことを知っている人の多くは、ひとつのiforex口座間での両建てトレードをすることしかできないということにきづけます。

iforex〔アイフォレックス〕口座で両建てトレードをするメリットはある。

iforex〔アイフォレックス〕口座で両建てトレードするメリットは、iforex口座で両建てトレードを実行して、iforex口座でユーロ円ロングとiforex口座でユーロ円ショートのポジションを所持している限りは、自分のiforex口座の損失は、ユーロ円ロングのポジションを取るのときに支払ったスプレッドと、ユーロ円ショートのポジションを取るときに支払ったスプレッド分で済むこと。

1.XM〔エックスエム〕

XM〔エックスエム〕は、XM口座開設者全員にXM口座開設ボーナス3000円をプレゼントしている海外FX口座で、iforex口座よりも高いレバレッジ888倍を使うことができます。また、XMには、100パーセント入金ボーナスやXMポイントなどの特典があります。

2.GEMFOREX

GemForex〔ゲムフォレックス〕は、GemForex口座開設ボーナス20000円プレゼントキャンペーンを開催している海外FX口座で、iforex口座よりも高いレバレッジ1000倍を扱うことができます。また、GemForexには、100㌫入金ボーナスの特典があります。

iforex〔アイフォレックス〕口座で両建てトレードをするデメリットはある。

iforex〔アイフォレックス〕口座で両建てトレードをするデメリットは、iforexのスプレッドを二回も支払うことになることや、両建て取引は損失を出す可能性が高いことや、両建て取引では爆益を狙うことができないことなどがあります。

iforexのスプレッドを二回も支払うことになること。

iforex口座で両建てをすると、ドル円ロングのポジションを取るときにドル円のスプレッドを支払い、ドル円ショートのポジションを取るときにもドル円のスプレッドをスプレッドを支払うことに、二回分のスプレッド分の損失を背負うことになる。これを凄まじいデメリットを感じるならば、iforex口座での両建てトレードはやめるべきだし、別にメリットしか感じないのであれば、iforex口座で両建てトレードはするべきではありません。

両建て取引は損失を出す可能性が高い。

利益が出ることを確信したときにのみ、iforex口座で通貨ペアのポジションをとれば、9割以上の確率で通貨ペアのポジションに10PIPS以上の含み益が乗りますが、利益がでるかわからないときでの両建て取引では、少しでも通貨ペアの利益確定と損切り判断を間違うと、損失を出すことになってしまいます。これらのことを知った人の多くは、両建て取引をすることをやめて、iforex口座で利益が出ることを確信したときにのみ、通貨ペア取引をしています。

両建て取引で爆益を狙うことはできない。

iforex口座内での両建て取引では、一つの通貨ペアポジションのロット数が少なめになるし、一つの通貨ペアポジションの獲得PIPS数が少なくなるので、iforex口座内での両建て取引で爆益を狙うことはできない。また、iforex口座内でフルレバで両建て取引をすると一度のミスで、iforex退場を余儀なくされる損失を出すことに。

FXでのスキャルピングpips数について。

FX初心者は、なんとなくスキャルピングの利益確定pipsを決めるし、なんとなくスキャルピングの損失確定pipsを決めるため、自然と損小利大のスキャルピング取引になりやすい。この状態から抜け出すには、FX初心者が、FXトレード前にスキャルピングの利益確定pipsを決めて、FXトレード前にスキャルピングの損失確定pipsを決めておけばよいだけ。また、FX取引が上手い人になってくると、その場の相場環境に応じて、スキャルピングの利益確定pipsを決めるようになるし、その場の相場環境に応じて、スキャルピングの損失確定pipsを決めるようになる。今回は、FXでのスキャルピングpips数について。をテーマに記事を書いていきます。

FXでのスキャルピングpipsを決定することについて。

1.0.1PIPS~0.9PIPSの値幅をとりにいくスタイル。

XMゼロ口座やgemforexのノースプレッド口座でのスキャルピング取引を行い、0.1PIPS~0.9PIPSの値幅をとりにいくスタイルをすることは、小さな利益しか得られないメリットしかないのに大きな損失を出すリスクを背負うことになり、損失が大きく、利益が小さいFX取引になりがちです。だから、FX取引で損失を出すことなく、大きな利益を求めている人は、0.1PIPS~0.9PIPSの値幅をとりにいくスタイルをやめて、50PIPS~60PIPSの値幅をとりにいくスタイルをとろう。

これだけはいっておきたいのは、0.1PIPS~0.9PIPSの値幅しか取れない経済指標に参加するときは、0.1PIPS~0.9PIPSの値幅で利益確定をするようにしないと、プラスでの利益確定のチャンスを逃して、20PIPS~30PIPSの損切りをするという結末を辿ることになります。

2.1PIPS~2PIPSの値幅をとりにいくスタイル。

一日のドル円相場の値幅が20PIPSしか期待できない相場で、1PIPS~2PIPSの値幅でスキャルピング取引をすれば、何度も1pips~2pipsの利益確定を成功させることができ、一日に30PIPS~40PIPSをゲットすることだって可能になってきます。逆に、一日のドル円相場の値幅が100PIPS期待できる相場で、1~2PIPSの値幅でスキャルピング取引をすると、一日に3回程度1PIPS~2PIPSの利益確定を成功させるものの、一度の70PIPSの損切りで、一日のFXトレード成績が-60PIPSとなってしまいます。これらのことからわかることは、1PIPS~2PIPSの値幅をとりにいくスタイルは、20PIPS~30PIPSの値幅のレンジ相場でしか通用しない。

3.3PIPS~10PIPSの値幅をとりにいくスタイル。

3PIPS~10PIPSの値幅を期待することができる経済指標で、利益確定を10PIPS、損切りを10PIPS、勝率を9割にすることができれば、自分のスキャルピング取引のトレード収支を大きくプラスにもっていけます。逆に、3PIPS~10PIPSしか期待することができない経済指標で、利益確定10PIPS,損切りをしないということをしてしまうと、自分のスキャルピングのトレード収支が大きくマイナスになります。これらの二つのことを知った人は、きちんと損切りラインで損切りするようになるし、自分に勝機があるところでしか通貨ペアのポジションをとらなくなります。

4. 20PIPS~50PIPSの値幅をとりにいくスタイル。

20PIPS~50PIPSの値幅が期待できる経済指標にのみ参加して、利益確定ラインは30PIPS以上、損切りラインは10PIPS、勝率を8割にすることができれば、自分で上出来だとほめることができるくらいのpips数を獲得することができます。逆に、20PIPS~50PIPSの値幅が期待できる経済指標にのみ参加して、30PIPS以上、損切りをしないことをしてしまうと、自分のFX口座残高が大幅に0になります。これらの二つのことを知った人は、FX取引おける損切りの重要さと勝率の重要さを再確認するようになります。

FXでのスキャルピングpips数を相場環境によって決める。

相場環境に応じて、スキャルピング利益確定pipsを変化させる人は、5PIPSしか値動きが期待できない為替相場では、スキャルピングの利益確定pipsを5PIPS、スキャルピングの損切り確定pipsを5PIPSに設定しているし、10PIPSしか値動きが期待できない為替相場では、スキャルピングの利益確定pipsを10PIPS,スキャルピングの損切り確定pipsを10PIPSに設定していますし、20PIPSしか値動きが期待できない為替相場では、スキャルピングの利益確定pipsを20PIPSに設定していますし、スキャルピング損失確定pipsを20PIPSに設定しています。ただね、人間は、万能な存在ではないので、確実にこの為替相場はたった5PIPSしか動くということを見事的中させることはできないので、 FXでのスキャルピングpips数を相場環境によって決めたことが悪い方向に働くことだってあります。

スキャルピング取引に適した海外FX口座とは?

1.XM〔エックスエム〕

XMゼロ口座は、日本のFX口座並みの低スプレッドを提供している海外FX口座なので、スキャルピングをメインにしている人はXMゼロ口座を使っています。しかも、XMゼロ口座を開設すると、XM口座開設ボーナス3000円がもらえちゃいます。そして、XMゼロ口座は、追証なしゼロカットありです。

2.GEMFOREX

GemForexのノースプレッド口座は、日本のFX口座並みの低スプレッドを提供している海外FX口座なので、経済指標スキャルピングをメインにしている人は、GemForexノースプレッド口座を利用しています。また、GemForex口座を初回開設するとGemForex2万円口座開設ボーナスがもらえるキャンペーンを開催しています。

XMとDMMFXの比較。

f:id:akihiro5:20190722095227p:plain
日本在住のFXトレーダーで、DMMFXのプレミアムチャートを使って、超低スプレッド環境で通貨ペア取引がしたいという人が、DMMFX口座を使う傾向があります。それ以外の日本在住のFXトレーダーは、XM口座開設ボーナス3000円やXM100%入金ボーナスを使って、XM口座で通貨ペア取引をする傾向があります。これらのことからわかることは、低スプレッドに拘りをみせている人がDMMFX口座を使い、XMの豪華ボーナスに魅力を感じている人が、XM口座を使う傾向があるみたいですね。今回は、XMとDMMFXの比較。をテーマにして記事を書いていきます。

XMとDMMFXの比較。

DMMFXのほうが、XMよりもスプレッドが狭いことがわかっているけれど、DMMFXには豪華ボーナスもなければ、追証なしゼロカットシステムもないから、DMMFX口座ではXM口座をメイン口座として使っている人もいます。また、XM口座のスプレッドの広さがどうしても受け入れられないから、ドル円スプレッド0.2PIPSのDMMFX口座を使っている人もいます。これら二つに当てはまる人にこそ、XMとDMMFXの比較の記事をよんでもらいたいですね。

口座開設ボーナス編。XMとDMMFXの比較。

DMMFX口座を開設しても、口座開設ボーナスがもらうことはできないので、口座開設ボーナス目的でDMMFX口座を開設するべきではない。それ比べて、XM口座を開設すると、XM口座開設ボーナスをもらうことができるので、XM口座開設ボーナス3000円目的でXM口座を開設するのはあり。これら二つの事例からわかることは、XM口座開設ボーナス3000円を欲するなら、XMスタンダード口座を開設するべきだし、べつにXM口座開設ボーナス3000円に興味がないなら、DMMFX口座を開設するようにすればいい。

100%入金ボーナス編。XMとDMMFXの比較。

DMMFX口座には、100%入金ボーナスというものが存在していないので、DMMFX口座に100万円を入金しても、何にも貰えません。それに比べて、XM口座には、100パーセント入金ボーナスというものが存在しているので、XM口座に100万円を入金すると、XMから100万円入金ボーナスがもらえます。これらのことから出た答えは、入金ボーナスをもらうことにこだわるなら、XM口座をつかうべき。

取引量ポイント編。XMとDMMFXの比較。

DMMFX口座は、通貨ペア取引のロット数に応じて、DMMFXポイント〔現金に変換できる〕をもらうことができます。また、XM口座にはも、通貨ペアのロット数に応じて、XMポイント〔ボーナスや現金に返還できる〕といった特典があります。

1.XM〔エックスエム〕

XM口座は、最大レバレッジ888倍を扱うことができる海外FX口座ですので、ハイレバトレードに挑戦したい人がXM口座を開設しています。しかも、XM口座には、XM口座開設ボーナス3000円や、XMポイントや、XM100㌫入金ボーナスの特典があります。そして、XM口座はスプレッドが固定されています。

スプレッド編。XMとDMMFXの比較。

XMゼロ口座では、ドル円スプレッドが1.1PIPS,ユーロ円スプレッド1.6PIPS,ポンド円スプレッドが2.7PIPSとなっていおり、XMのドル円スプレッドよりも0.9PIPSも広く、XMのユーロ円スプレッドよりも0.6PIPS広く、ポンド円スプレッドよりも1.7PIPSなっていますから、スプレッドの狭さにこだわるのであれば、ドル円スプレッド0.2PIPS、ユーロ円スプレッド0.5PIPSを提供しているDMMFXを使うべきでしょう。

スプレッドが広がること。XMとDMMFXの比較。

XMスタンダード口座では、100PIPS以上の変動が期待できる経済指標でもスプレッドが広がらないし、いきなりスプレッドが99.9PIPSになることもないので、スプレッドが広がる問題に巻き込まれたくなければ、XMスタンダード口座を使うのがベスト。それに比べて、DMMFXは、100PIPS以上の変動が期待できる経済指標でスプレッドが広がるし、いきなりスプレッドが50PIPS~99.9PIPSになるので、スプレッドが広がる問題をきにしないのであれば、DMMFXを使うのもよし。これら二つの事例からわかることは、スプレッドが広がる問題から開放されたければ、XMスタンダード口座をつかうしかない。

約定力。XMとDMMFXの比較。

XMスタンダード口座は、自分が望むレートでポンド円のポジションを保有できるし、自分が望むレートでポンド円のポジションを決済できるという約定力が優れている海外FX口座です。それに比べて、DMMFXは、自分が望まないレートでポンド円のポジションを保有することになるし、自分が望まないレートでポンドのポジションを決済することになる海外FX口座です。これら二つの事例からわかることは、約定力という部分を最重要視するのであれば、XMスタンダード口座を使うべし。

レバレッジ。XMとDMMFXの比較。

XMスタンダード口座では、資金200万円以下の人であれば、最大レバレッジ888倍をつかえますし、資金が200万円~1000万円の人であれば、最大レバレッジ200倍を使えますし、資金1000万円を超えた富豪であれば、最大レバレッジ100倍が使えますから、ハイレバトレード〔レバレッジ100倍〕で一日100万円以上のお金を稼ぎたい人は、XMスタンダード口座を利用しましょう。それに比べて、DMMFXは、最大レバレッジ25倍までしか扱うことができませんから、レバレッジ25倍分の利益、レバレッジ25倍分の損失がでる環境でFX取引がしたい人はDMMFXを使いましょう。これら二つ事例からわかることは、ハイリスクハイリターンを得たい人はXMスタンダード口座を使うべきだし、低リスク低リターンを得たい人はDMMFX口座を使うようにしよう。

追証なしゼロカットシステム。XMとDMMFXの比較。

DMMFXは、追証ありゼロカットシステムなし、強制ロスカット75パーセントありとなっているので、DMMFX口座内における自分の通貨ペアポジションの証拠金維持率が75パーセントになった時点で、自分の通貨ペアポジションが強制ロスカットされます。それに比べて、XM口座は、追証なしゼロカットシステムあり、強制ロスカット20パーセントありとなっているので、XM口座内における自分の通貨ペアポジションの証拠金維持率が20パーセントになった時点で、自分の通貨ペアポジションが強制ロスカットされます。