FX研究所

FX研究ブログ

MT4の5秒足、15秒足、30秒足のチャートを使うことについて。

MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使って、短期でのスキャルピングをすると、大きなトレンド相場で大損する可能性があるため、個人的にはMT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕チャートで短期でのスキャルピング取引をすることをあまりおすすめしません。それに、レバレッジを適度に抑えてトレンド方向に通貨ペアのポジションを取ることと、損切りラインできっちり損切りすることができれば、FXトレード収支がプラスになるので、無理にMT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使ったスキャルピング取引をする必要はありません。もう1ついわせていただくと、MT4の15秒足や30秒足や一分足でFX取引をすると、大きなトレンド相場に対応できなくなるというデメリットがあるので、あまり短期足チャートでFX取引をしないほうが良い。今回は、MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使うことについてをテーマに記事を書いていきます。

MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートで利益を出す上で大事なこと。

1.スプレッドが狭いFX口座でのFX取引をすること。

スプレッドが広いFX口座でMT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使ったスキャルピング取引をすると、通貨ペアのスプレッド>含み益のPIPS数となってしまい、MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使ったスキャルピング取引で利益を出すことができません。逆に、スプレッドが狭いFX口座で、MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使ったスキャルピング取引をすると、含み益のPIPS数>通貨ペアのスプレッドとなり、MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使ったスキャルピング取引で利益を出すことができます。この二つのことからわかったことは、MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使ったスキャルピング取引で利益を出すには、スプレッドが狭いXM口座でFX取引をしましょう。

2.スキャルピング取引で通貨ペアのポジションを取る前に、利益確定ラインを決めておく。

スキャルピング取引は、利益確定を渋っているうちに、通貨ペアの含み益が0になることが良くあります。このような事態を防止するには、スキャルピング取引をする前に、通貨ペアの利益確定ラインを決めておき、通貨ペアのポジションの含み益が利益確定ラインに到達したら、含み益を抱えた通貨ペアポジションを決済すればよいだけ。

3.損切りは早く。

MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のスキャルピング取引は、利益確定幅がかなり狭いものとなっているので、少ないPIPS内に自分の通貨ペアのポジを損切りをしないと、FXトレード収支がプラスになりません。このことがわかっていても、今回のFX取引だけは、絶対にまけないと思い込んでしまい、少ないPIPSの内に通貨ペアのポジを損切りする行動に出ることができないんですよね。

4.MT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使って、FX取引をすることを辞める。

5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使って、FX取引をすることやめて、レバレッジ25倍ほどでトレンド方向に通貨ペアのポジションをとることをするだけで、FX取引で簡単に利益を積み上げていくことができます。それでも、ポジポジ病を発症してしまっていると、暇だからという理由でMT4の5秒足、15秒足、30秒足〔超短期足〕のチャートを使って、FX取引をしてしまうんですよね。

5.使い慣れているテクニカルをひとつに絞る。

使い慣れてないテクニカルを使ったFX取引では、どこでエントリーすれば勝てるかわからないので、FX取引での勝率が5割ほどとなります。それに比べて、使い慣れているテクニカルを使ったFX取引では、どこでエントリーすれば勝てるかわかっているので、FX取引での勝率が9割ほどとなります。この二つのことからわかったことは、FX取引の勝率をあげたければ、使い慣れているテクニカルをつかって、FX取引をしよう。


XM
XMは最大レバレッジ888倍の為替取引ができるというメリット以外にも、XM口座開設ボーナス3000円や取引量ボーナスや入金ボーンスの3つが受け取れるのメリットがあります。また、XMは、ゼロカットシステムに対応しています。